Day倉庫(月島倉庫のトランクルーム)の口コミ・評判14選【特徴・メリットデメリットを解説】

※当サイトのリンクには広告が含まれています

宅配型トランクルーム
  • Day倉庫の口コミ・評判は?
  • Day倉庫の特徴やメリット、デメリットを知りたい
  • Day倉庫はどんな人におすすめなの?

こういった疑問に答えます。

1日単位、アイテム1点単位から預けれる宅配型トランクルーム「Day倉庫」。荷物に合わせて選べるプランも充実しています。実際に使った人の口コミを見てみると、サービスに対する満足度は高いです。

しかし、どんなサービスでも良い点・悪い点があり、Day倉庫にも「預け入れ料金が必要」「対応エリア以外は自分で取りに行かないといけない」といったデメリットがあります。

この記事では、Day倉庫の口コミ・評判を紹介しつつ、プランや料金、利用方法までわかりやすく解説します。

Day倉庫のメリット・デメリットをしっかり理解した上で、利用するか判断してみてください。

【概要まとめ】Day倉庫の口コミ
  • サービスに対する満足度は高い
  • 悪い口コミは「CMがひどい」「支払い方法を理由に選ばなかった」など
  • 良い口コミは「短期だと安い」「料金面で有能」など
  • 日割り計算でムダなく保管できる点が特徴的

Day倉庫は一時保管・短期で荷物を預けたい方におすすめです

\ 厳選9社 /

Day倉庫の口コミ評判14選

実際にDay倉庫を使った人の口コミを紹介します。

口コミ①:季節外の服を預けていた

私は以前小規模シェアハウスで生活していた際に、部屋があまりにも狭かったため季節外の服などを「Day倉庫」のレンタル倉庫に預けていました。

私は荷物を自身で直接搬入しました。
車は持っていませんが、近所のカーシェアリングを利用して現地に直接荷物を持っていきました。カーシェアリングは色々な場所にあるので都内近郊で直接搬入したい人はおすすめです。

出典:ニコマイブログ

口コミ②:1ヶ月だけ預けたけど良い

口コミ③:有能すぎ

口コミ④:ギターを預けれる

口コミ⑤:クレジットカード限定で使えなかった

口コミ⑥:CMがひどい・・

口コミ⑦:引っ越し対策に利用

口コミ⑧:運送ができなかった

口コミ⑨:CMにクレームを入れた

口コミ⑩:ホテル暮らしに最適

口コミ⑪:短期なら凄まじい安さ

口コミ⑫:品物の外・中痛みもなく驚いた

二年間預け、初めて出しましたが、預けた状態で戻りました。見えない不安がありましたが、保管状態、扱い方が良いのか、品物の外、中、痛みもなく驚きました。また保管お願いする予定です。

出典:Day倉庫公式

口コミ⑬:日割りが非常に便利

宅配型倉庫という点では他にも多くのサービスがあるが、日割りで預けられるというのが非常に便利だった。急な来客や引越しなど利用する機会は多いし、細かいニーズに応えられると思う。

出典:Day倉庫公式

口コミ⑭:サマリーポケットと比較

関連記事サマリーポケットの口コミ評判

Day倉庫ってどんな収納サービス?

運営会社名月島倉庫株式会社
対応エリア全国
最低利用期間なし
写真管理×
1点取り出し
空調設備
大型アイテム
支払方法クレジットカード
銀行振込
補償1個あたり最大10万円まで

Day倉庫は、老舗企業である月島倉庫株式会社がサービス提供している宅配型トランクルームで、1日・1個単位から保管可能です。

類似サービスとちがう点、Day倉庫ならではの特徴を紹介します。

特徴①:1日・1個単位で保管可能

Day倉庫の一番の特徴、選ばれる理由は、1日単位・1個単位で荷物を預けれる点です。

ダンボール1箱から保管可能な宅配型トランクルームは珍しくありませんが、1日単位で利用できるサービスは多くありません。

トランクルームは店舗型も宅配型も含めて、月単位の契約が一般的で、「数日だけ使いたい」「1週間だけ預けたい」といった場合でも最低1ヶ月、場合によっては2~3ヶ月分の契約・利用が必要で、長期保管前提の業者が大半です。

厳密に言うと、不要になれば解約できるため、利用者の任意で1日単位の利用はどのサービスでもできますが、利用日数に対してムダな料金が発生してしまいます。

Day倉庫は最初から1日単位の料金設定があるので、預けたい日数分の料金でムダなく利用できるわけです。

特徴②:老舗倉庫業者が運営元で安心

Day倉庫の運営元は「月島倉庫株式会社」で、1946年に設立された老舗企業です。

他社倉庫で保管する宅配型トランクルームも珍しくない中で、Day倉庫は自社倉庫で預かった荷物を管理しています。

そのため、空調設備やセキュリティといった保管環境が気になる方でも安心です。

月島倉庫株式会社は「荷扱いのプロ」とも呼べる専門業者ですから、企業としての信頼性は間違いありません。

なお、宅配型トランクルームの中で、「運営元が老舗大手」「倉庫専門業者で安心」といった条件を満たすサービスは他にminikura(ミニクラ)があります。

運営企業の信頼性を重視して収納サービスを探している方は、minikuraもチェックしてみてください。

関連記事minikuraの口コミ評判

特徴③:用途に合わせて選べるプラン

Day倉庫では、荷物の数や大きさ、種類にぴったりの保管方法を選べます。

他の収納サービスのようにダンボール1個から預けることもできますし、専用カーゴに収まる範囲で詰め込んで預けることも可能です。

自前のダンボールや衣装ケースのまま預けたり、大きなモノは梱包せずに預けることもできます。

逆に、専用の布団袋や衣類袋でしっかり梱包することもでき、利用者の希望に合った保管方法
を選べます。

専用カーゴや大きな荷物をそのまま保管できるサービスは、宅トラやAZUKELなどもあるので、あわせてチェックしてみてください。

Day倉庫のプランの詳細は以下で解説します。

Day倉庫のプランと料金

Day倉庫のプラン・保管方法は以下の3つです。

  • 通常保管
  • 定額保管
  • 無酸素保管

通常保管

通常保管は1日・1個単位で預けれるプランです。

保管期間の延長や短縮も1日単位で可能で、荷物の追加や取り出しも1個単位でできます。

ダンボール1箱という単位だけなく、「電子レンジ1個」「ファンヒーター1個」「こいのぼり1個」などなど、箱に収まらないモノも1日・1個単位で保管可能です。

料金は預けるモノやサイズによって変わり、以下のように計算されます。

通常保管料金=サイズ別単価×個数×保管日数

くわえて、預け入れや引き出し時の作業料金も必要です。

定額保管

定額保管は、たくさんの荷物や大きな荷物をまとめて預けるのに最適なプランです。

専用カーゴ、もしくは専用ボックスに入るなら詰め放題で保管できます。

カーゴのサイズと料金は以下の通りです。

料金/カーゴカーゴ(S)カーゴ(L)
保管料
1カーゴ1日
500
(税込550)
750
(税込825)
預け入れ作業料
1カーゴ1回
250
(税込275)
250
(税込275)
引き出し作業料
1カーゴ1回
250
(税込275)
250
(税込275)

詰め放題ボックスで必要な料金は以下の通りです。

保管料
(1ボックス30日間)
1,300円
(税込1,430円)
作業料
(1ボックス1回)
50円
(税込55円)
スペース使用料
(1ボックス1時間)
110円
(税込121円)

ボックスは無料でレンタルできますが、届いてから15日以内に保管、または返却しない場合はレンタル料【1日32円(税込)】が発生します。

無酸素保管

無酸素保管は、布団や衣類を無酸素加工付で保管するDay倉庫独自のサービスで、圧縮加工とは別物です。

事前に専用の梱包材を購入する必要があり、料金は以下のようになっています。

料金/梱包資材布団袋衣類袋ハンガー保管
(スーツ用)
ハンガー保管
(コート用)
保管料
(1日1袋)
70
(税込77)
15
(税込17)
15
(税込17)
15
(税込17)
販売価格
(1枚)
520
(税込572)
290
(税込319)
450
(税込495)
620
(税込682)
預け入れ作業料
(1個1回)
70
(税込77)
15
(税込17)
15
(税込17)
15
(税込17)
お引き出し作業料
(1個1回)
70
(税込77)
15
(税込17)
15
(税込17)
15
(税込17)
料金/梱包資材ハンガーボックス靴保管
保管料
(1日1箱)
35
(税込39)
35
(税込39)
販売価格
(1箱)
1,000
(税込1,100)
販売なし
預け入れ作業料
(1個1回)
35
(税込39)
35
(税込39)
お引き出し作業料
(1個1回)
35
(税込39)
35
(税込39)

なお、ハンガー保管は無酸素保管ですが、ハンガーボックスは無酸素保管ではないので間違えないようにしましょう。

Day倉庫のオプション

Day倉庫で利用できるオプションは以下の通りです。

オプション名内容
オープンスペース保管中荷物の閲覧・一部取り出し・詰換え・仕分け
再梱包・発送などを行うための作業スペースとして利用可能
梱包サービス簡易梱包・通常梱包から選んで梱包を依頼可能
運送サービスDay倉庫の用意した便で荷物の集荷・配送してもらえる
※関東圏の一部エリア限定

また、梱包資材の購入も可能で、料金は以下の通りです。

梱包資材販売価格
ダンボール(小)
(文書保存箱)
外寸:42×32×30(cm)
220円
(税込242円)
ダンボール(中)
外寸:52×34×34(cm)
240円
(税込264円)
ダンボール(大)
外寸:56×42×42(cm)
260円
(税込286円)

Day倉庫の口コミからわかる、メリット・デメリット

Day倉庫を利用する前に知っておきたい、メリット・デメリットを紹介します。

Day倉庫のメリット

  • 預けたい日数だけ日割り利用できてムダがない
  • コインロッカーのような使い方も可能
  • セキュリティや空調など、保管環境が安心
  • 荷物の量・サイズに応じて過不足なく保管可能
  • 希望に合った保管方法を選べる

Day倉庫のデメリット

  • 預け入れ作業料が必要
  • 写真撮影サービスはない
  • 長期保管の場合は割高になる
  • 集荷時の宅配便は自分で手配する必要あり
  • 引き出しは自分で取りに行くか宅配便の手配が必要

Day倉庫はこんな人におすすめ

Day倉庫があっている人
  • 一時保管向けの宅配型トランクルームを探している人
  • 1ヶ月単位の契約までは不要な人
  • 保管サービスの運営元の信頼性を重視する人
  • 荷物の量や大きさに最適な保管方法を選びたい人

Day倉庫の利用方法【申し込み~保管までの流れ】

Day倉庫利用の流れ
  • 手順①
    会員登録

    公式サイトから新規会員登録(無料)をします。

  • 手順②
    申し込み

    会員登録完了後、マイページにログインし、「お預け入れ・お引き出し申込み」フォームより必要な手続きをします。

    預ける時は、保管期間や預け入れ方法、荷物情報などの入力が必要です。

  • 手順③
    預け入れ

    申し込み時に選んだ方法で預け入れします。

    具体的には以下の3種類です。

    ①Day倉庫の集荷サービス(東京近郊のみ)
    ②宅配便の利用(自分で手配)
    ③直接持ち込んで搬入

  • 手順④
    取り出し

    荷物の取り出しも預ける時と同じ流れで手続きします。基本的には自分で直接荷物の引き出しに行かないといけません。

    配送サービスの対応地域は関東圏限定なので要注意です。

Day倉庫はweb以外に、電話やメール、窓口でも受付してくれるので、不明な点は登録前に問い合わせておきましょう。

Day倉庫の解約方法・解約時の注意点

Day倉庫は荷物を預けている間のみ料金が発生するため、利用をやめる時は保管中の荷物をすべて取り出します。

何も預けていない状態でも会員情報は残るので、もう一度利用する時に改めて会員登録をする必要はありません。

会員登録完了日以降、Day倉庫の利用が3年を超えてなかった場合、もしくは最終利用日から3年を超えて新しく利用しなかった場合は会員資格が失効されます。

要するに、解約手続きや退会申請は不要で、登録情報も自動的に消えるわけです。

Day倉庫のよくある質問

Q
荷物の検品などはありますか?
A

外装検品(サイズ・数量)があります。

「お預け入れ申込」の内容と検品結果が一致しない場合は、検品結果が優先されます。

Q
搬入・搬出を自分でする場合に、積み降ろしを手伝ってもらえますか?
A

手伝ってもらえます。

荷物の量や大きさに応じて、専門スタッフが台車やハンドフォーク、フォークリフトなどを使って手伝ってくれます。

Q
家具の解体や組立もしてくれますか?
A

解体・組立作業もしてくれますが、通常利用では対応できないため、事前にサポートセンターに問い合わせておく必要があります。

作業員も別手配となるので、通常時より時間がかかります。

Q
手持ちのふとん袋や衣装袋で無酸素保管サービスを利用できますか?
A

利用できません。

無酸素保管サービスでは、必ず専用のDay倉庫袋を使う必要があります。

Q
営業時間を教えて下さい
A

平日・土曜/9:00~17:00(搬入出は16:00まで)で、日曜・祝日は定休日です。年末年始や臨時休業はホームページやメールで事前通知されます。

Day倉庫の口コミ:1日単位の日割り利用でムダがない!

運営会社月島倉庫株式会社
住所東京都江東区辰巳3-12-16
連絡先電話:03-5534-1032
E-Mail:support@day-soko.gr.jp
設立1946年6月28日

Day倉庫の口コミ・評判を紹介しました。

「収納サービスを探しているけど、月単位の利用までは考えていない」「安心して預けれるトランクルームを選びたい」「荷物の量や大きさに最適な保管方法を選びたい」といった人におすすめです。

最大の難点は、配送サービスの対応エリア外だと、預けた荷物を直接取りに行くか、自分で宅配便を手配しないといけない点です。

そのため、全国どこでも自宅にいるだけで集荷・配達してくれる類似サービスと比べると、利用しにくい人もいるかもしれません。

一方、月単位の契約・料金設定ではなく、利用した日数で料金計算されるムダのなさはDay倉庫ならではの強みです。

荷物の種類や大きさ、量にあわせて保管方法も選べるため、取り出しが特に問題なさそうなら選んでみてはいかがでしょうか。

類似サービスと比べてじっくり検討したい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

【厳選9社】
>>おすすめ宅配型トランクルームの比較

タイトルとURLをコピーしました