サマリーポケットの料金!プラン・ボックスごとの月額保管料・取り出し料金を解説

※当サイトのリンクには広告が含まれています

サマリーポケット

サマリーポケットで毎月必要な料金は、選んだプラン・ボックスサイズに応じた月額保管料のみです。

申し込み・ボックスの取り寄せは無料で、事務手数料や管理費なども必要ありません。

他に必要な費用は、オプション利用する際の料金と取り出し時の配送料のみで、料金形態はとてもシンプルになっています。

この記事では、サマリーポケットの料金について詳しく解説していきます。

サマリーポケットの料金体系や支払い方法、注意点やよくある質問までまとめているので、料金について詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

サマリーポケットの料金システム

サマリーポケットの基本的な料金システムをまとめます。

サマリーポケットは、プランとボックスの種類(サイズ)で料金が変わりますが、共通ルールがあるのでそちらを先に紹介しておきます。

必要な料金は3種類

サマリーポケットに荷物を預けたときに必要な料金は「月額保管料・配送料(取り出し送料)・オプション代」の3種類です。

ボックス代金は無料で、取り寄せ手数料や初期費用なども必要ありません。

オプションは任意ですから、まったく使わないなら月々の支払いは保管料のみで、後は荷物を取り出すときに配送料がかかるだけです。

初月の保管料は日割り計算される

荷物を預けた月の月額保管料は、日割り計算の金額が請求されます。

各プラン、ボックスごとの1日あたりの保管料は以下です。

スタンダードプラン レギュラー 1箱あたり 10.6円/日
アパレル
ラージ 1箱あたり 19.5円/日
エコノミープラン レギュラー 1箱あたり 8.8円/日
ラージ 1箱あたり 15.6円/日
ブックスプラン ブックス 1箱あたり 14.1円/日
大型アイテムプラン スーツケース 1個あたり 20.5円/日
スキー・スノーボード 1個あたり 24.8円/日
ゴルフバッグ

日割り保管料に利用日数をかけた料金が初月の請求金額になります。

例)6/15にスタンダードプランのレギュラーボックス1箱が入庫完了した場合
(撮影が完了し、アプリ・ウェブにアイテムが表示された日が6/15)
10.6円 × 16日[6/15~6/30] = 169.6円 = 169円(税込)

小数点は切り捨てで計算されます。

預けた荷物が表示された日から末日までの日数で計算されますが、利用者側で倉庫への到着日を指定することはできません。

預けた日数分の日割り計算なので、月初・月末問わずどのタイミングで申し込んでも損はしません

サマリーポケットの月額保管料と取り出し料金一覧

サマリーポケットの月額保管料と取り出し料金をプラン・ボックス別に一覧でまとめます。プランとボックスの種類、荷物のサイズなどによって料金が変わるので、違いを比較してみてください。

なお、金額はすべて税込表記です。

スタンダード エコノミー ブックス 大型アイテム
月額保管料
レギュラー・アパレル
330円/個
レギュラー
275円/個
ブックス
440円/個
スーツケース
638円/個
ラージ
605円/個
ラージ
484円/個
スキー・ スノーボード・ ゴルフバッグ
770円/個
取り出し料金(ボックス単位)
レギュラー・アパレル
1,100円/個
レギュラー
1,100円/個
ブックス
1,100円/個
スーツケース・ スキー・
スノーボード・ ゴルフバッグ
1,320円/個
ラージ
1,320円/個
ラージ
1,320円/個
取り出し料金(アイテム単位)
〜80サイズ
880円/梱包
なし 〜80サイズ
880円/梱包
なし
〜120サイズ
1,100円/梱包
〜120サイズ
1,100円/梱包
〜160サイズ
1,320円/梱包
取り出し料金(ゆうメール)
なし 〜250g
352円/梱包
なし
〜1kg
550円/梱包

「なし」と書いている部分は無料ではなく、対応していないという意味です。

たとえば、エコノミープランはボックス内のアイテム1点だけを取り出すことはできないので、アイテム単位の取り出し料金は「なし」と記載しています。

基本的にはボックスサイズ・荷物の大きさ、使い勝手に応じて料金が高くなりますが、「撮影不要」「中身を見られたくない」「1点ずつ取り出すことはない」という場合はエコノミープランのほうがオススメです。

サマリーポケットはもともと安い価格設定ですが、「安い=悪い」というわけではなく、目的によっては安いプランやボックスのほうが都合が良いときもあります。

荷物を預ける予定の方は利用目的に応じたプランを選べるよう、公式サイトもチェックしてみてください。

⇒サマリーポケットの公式サイトはこちら

プラン・ボックス別の月額保管料・取り出し料金

サマリーポケットの月額保管料と取り出し料金を、プラン、ボックス、荷物のサイズ別に紹介していきます。

各プランの特徴もチェックしてみてください。

エコノミープランの料金

エコノミープランの料金と特徴をまとめます。

ボックスサイズ/必要費用 月額保管料 ボックス単位の取り出し
(全国一律)
レギュラーボックス 275円/箱 1,100円/箱
ラージボックス 484円/箱 1,320円/箱
エコノミープランの特徴
  • 保管料が安い
  • 写真撮影なし
  • ボックス単位の管理で1点ずつの取り出しは不可
  • オプション利用は不可

エコノミープランは低価格が魅力のプランで写真撮影もないため、安さ重視、押し入れ感覚で荷物を預けたい人にオススメです。

見られたくないモノを預けたい人にも選ばれています。

スタンダードプランの料金

スタンダードプランの料金と特徴をまとめます。

ボックスサイズ/必要費用月額保管料ボックス単位の取り出し
(全国一律)
アイテム単位の取り出し
(全国一律)
レギュラーボックス
アパレルボックス
330円/箱1,100円/箱〜80サイズ
880円/梱包
〜120サイズ
1,100円/梱包
ラージボックス605円/箱1,320円/箱〜80サイズ
880円/梱包
〜120サイズ
1,100円/梱包
〜160サイズ
1,320円/梱包
スタンダードプランの特徴
  • 1点ずつ写真登録して管理
  • 1点から自由に個別取り出し可
  • オプション利用可

スタンダードプランはサマリーポケットのメインプランで、写真撮影や個別の取り出し、オプション利用ができます。

「エコノミーより少し料金が上がる」「1点ごとに取り出し料金が必要」など、料金面でデメリットもありますが、利用者も多く初めて荷物を預けるなら無難なプランです。

ブックスプランの料金

ブックスプランの料金と特徴をまとめます。

ブックスボックス
月額保管料 ボックス単位の取り出し
(全国一律)
アイテム単位の取り出し
(全国一律)
ゆうメールの
取り出し
440円/箱 1,100円/箱 〜80サイズ
880円/梱包
〜120サイズ
1,100円/梱包
〜250g
352円/梱包
〜1kg
550円/梱包
ブックスプランの特徴
  • 表紙、タイトル、著者をバーコードで登録
  • 1点からの取り出し可能
  • 本いがいにゲームやDVDなども管理可能
  • 取り出し送料が安め

ブックスプランは本を預けることに特化したプランですが、ゲームソフトやDVDもバーコード登録・管理可能です。

収納禁止物でなければ他のものを預けても大丈夫で、アイテム数に上限もありません。

ただし、本は重たくなりやすいので、ボックスの重量制限(ブックスプランなら20kg)には注意が必要です。

大型アイテムプランの料金

大型アイテムプランの料金と特徴をまとめます。

荷物/必要費用月額保管料取り出し
(全国一律)
スーツケース638円/個1,320円/個
スキー・スノーボード
ゴルフバッグ
770円/個1,320円/個
大型アイテムプランの特徴
  • 専用カバーで1点ずつ管理
  • スーツケースは中身を入れたままでも可
  • 周辺アイテム・付属品も一緒に預けてOK

大型アイテムプランはボックスに収まらない荷物を預けてくれるプランですが、対応しているのは「スーツケース・スキー・スノーボード・ゴルフクラブ」です。

1点ごとの管理ですが、ゴルフクラブ一式やウェア、ブーツなど、周辺アイテム・付属品は一緒に預かってもらえます。

利用先の施設に直接配送してもらうこともできるので、オフシーズンに預けた荷物を利用するタイミングで直接レジャー施設で受け取るという使い方が便利です。

サマリーポケットのオプション料金

サマリーポケットで利用できるオプションの料金をまとめます。

クリーニング・スタンダードコース(洗いorドライ + シミ抜き):990円/点
・プレミアムコース(特殊ドライクリーニング + シミ抜き):1,276円/点
布団クリーニング布団4,400円/枚、毛布2,200円/枚
敷きパッド2,200円/枚、枕2,200円/点
シーツ1,100円/枚、布団カバー1,100円/枚
枕カバー880円/枚
ラグ・マットクリーニング3,608円/枚(3畳サイズまで)
シューズクリーニング3,300円/両足
シューズリペア¥1,408/両足~¥6,336/両足
ハンガー保管1点あたり 82円/月
あんしんサポート1箱あたり55円/月
全て税込料金

サマリーポケットの料金に関する注意点

サマリーポケットの料金に関する注意点をまとめます。サマリーポケットを利用するなら、事前に知っておきたいポイントなので、ぜひ目を通しておいてください。

2ヶ月以内の取り出しには早期取り出し料金が発生する

サマリーポケットには2ヶ月間の最低保管期間があり、2ヶ月以内に荷物を取り出す場合は早期取り出し料金が発生します。

取り出す月と必要な料金の内容は以下です。

取り出し月当月翌月翌々月以降
必要な料金2ヶ月分の月額保管料
+取り出し送料
1ヶ月分の月額保管料
+取り出し送料
取り出し送料のみ

早期取り出し料金はプラン・ボックスに応じた月額保管料と同額になります。

月の途中で箱を取り出しても日割り返金はない

ボックスを月の途中で取り出しても日割り返金はありません。

月初・月末に関係なく、1ヶ月分の月額保管料がかかります。

預けた月が日割り計算されるのでややこしいですが、勘違いしないように注意しましょう。

アイテムごとの配送料金の確定日

アイテム1点ごとに取り出す場合の配送料金は、取り出しオーダーをした時点では確定されません。

基本的にはアイテムサイズごとに料金は決まっていますが、コンパクトに梱包して送料が安くすむ場合もあるからです。

実際の請求額は、利用月の翌月中旬ごろに毎月の利用金額とあわせてわかるようになります。

また、1点ごとの取り出し依頼を複数回に分けてもまとめて梱包・配送はしてもらえず、分けたぶん送料が高くなるので要注意です。

サマリーポケットの料金支払い方法

サマリーポケットの支払い方法はクレジットカード・PayPal(ペイパル)の2種類です。

決済サービス「Paidy(ペイディー」による口座振替・コンビニ払い・銀行振込ができる時もありましたが、使えない時期もあるので、基本的にはクレジットカードかPayPalのどちらかになります。

クレジットカード払い

利用可能なクレジットカードは以下です。

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
  • AmericanExpress

クレジットカードの利用明細の名義は「株式会社サマリー」ですが、クレジットカード会社によっては、USAと表示されることがあります。

また、デビットカードやプリペイドカード、海外発行クレジットカードを利用することはできません。

PayPal(ペイパル)で支払い

PayPalでは以下の支払い方法が利用できます。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 口座振替(利用可能金融機関:みずほ銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行)

新しくPayPalアカウントを作る必要がありますが、デビットカードで支払うこともできます。

サマリーポケットをお得に利用する方法

サマリーポケットをお得に利用する方法は以下です。

キャンペーン期間中に利用する

サマリーポケットにはポイントがもらえるキャンペーンが充実しています。

ポイントは「1ポイント=1円」で、月額保管料や取り出し料金に使えるので、キャンペーン中の利用は単純にお得です。

常に開催しているわけではありませんが、種類も多く期間も長いので、公式サイトの最新情報を見逃さないようにしましょう

⇒サマリーポケットの公式サイトはこちら

いちねん割パス(12ヶ月分)を購入する

1年以上の長期保管を予定しているなら、いちねん割パスを購入すると1ヶ月分の保管料が無料になります。

いちねん割パスの料金とお得になる金額は以下です。

スタンダード レギュラーボックス
アパレルボックス
3,960円 → 3,630円
(330円お得)
ラージボックス

7,260円→ 6,655円
(605円お得)

エコノミー レギュラーボックス 3,300円→ 3,025円
(275円お得)
ラージボックス 5,808円→ 5,324円
(484円お得)
ブックス ブックスボックス 5,280円→ 4,840円
(440円お得)

サマリーポケットは1点からの取り出しが便利なサービスですが、繰り返し取り出すと送料が高くなります。1年までの長期は考えていなくても、それなりの期間預けて、まとめて取り出したほうが損は少ないです。

サマリーポケットの料金に関するよくある質問

サマリーポケットの料金・支払いに関するよくある質問をまとめました。

ボックス注文後のキャンセルで料金は発生する?

ボックス注文後に、利用者都合によるキャンセルや返品はできません。

何もせず預けなければ利用をやめることはできますが、ボックス取り寄せから30日以内に荷物を預けなかった場合はボックス代金が発生します。

プラン ボックス 代金
スタンダードプラン レギュラー 330円
アパレル
ラージ 605円
エコノミープラン レギュラー 275円
ラージ 484円
大型アイテムプラン スーツケース 638円
スキー
スノーボード
770円
ゴルフバッグ 770円
ブックスプラン ブックス 440円

荷物を預けているわけではないので月額保管料は発生しません。

ボックス注文後に利用をやめる場合だけでなく、梱包や集荷をうっかり先延ばしにして30日以上経ちそうな場合も注意しましょう。

料金の支払い日はいつ?

料金の請求は翌月初めから中旬ごろです。

月額保管料は月初に預けているボックス数で計算され、その他の料金は末日に締め切り計算されます。

例)9月の利用料金:9月30日締め日→10月初旬から中旬に請求

日割り計算で利用される荷物を預けた日は、登録完了のお知らせ通知日です。

取り出し料金の支払い方法は?

取り出し料金は保管料とともに請求されます。

月末直前に取り出し依頼をした場合は、翌月の取り出しとなります。

荷物を追加した場合の料金は?

新しく荷物を預ける場合は、新規利用と同じ流れでボックスを取り寄せます。

預けた月の日割り料金、翌月以降の月額保管料と、料金システムはまったく同じで追加費用などはありません。

解約金は必要ですか?

解約金は不要です。荷物を預けていなければ月額保管料は発生しませんし、取り出し料金も必要ありません。

サマリーポケットの料金を知って預けよう

サマリーポケットの料金システムについて改めてまとめておきます。

  • 初期費用などはなくボックスも無料で取り寄せ可能
  • 取り寄せ日から30日以上経っても預けない場合にボックス代金が発生する
  • 毎月の支払いは月額保管料と任意のオプション料金のみ
  • 更新料や解約金なども不要。ただし荷物の取り出し料金が必要
  • 2ヶ月間の最低保管期間外での取り出しは早期取り出し料金が必要

サマリーポケットを検討中の人は公式サイトでプランやボックスの詳細を把握しておきましょう。プランとボックスの種類、荷物のサイズによって月額保管料と取り出し料金が変わるので、事前確認は必須です。

サマリーポケットは、自宅にいながら申し込み、集荷、荷物の取り出しまで全てできる簡単さに加えて、写真撮影や本のバーコード登録など、管理の便利さもあわせもっています。

「必要に応じて1点ずつ取り出せるスタンダードプラン」「まとめて押し入れ感覚でしまっておけるエコノミープラン」「web上で管理できる本棚がほしいからブックスプラン」といった具合に、自分の目的にあったプランを選べるのも魅力です。

サマリーポケットを実際に使った人の口コミを知りたい方は『サマリーポケットの口コミ!利用者の評判とプランの特徴もあわせて紹介』の記事をご覧ください。プランごとの特徴やメリット・デメリットまで紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

ボックスの種類のチェックや早速ボックスを取り寄せたい方は公式サイトをご覧ください。

⇒サマリーポケットの公式サイトはこちら
タイトルとURLをコピーしました