スペラボの料金!初期費用・月額賃料・保険料・支払い方法まで解説

※当サイトのリンクには広告が含まれています

スペラボ

スペラボのトランクルームで毎月必要な費用は、物件の賃料に保険料をくわえた金額です。

レンタルオフィスやワークスペースを借りている場合は、「賃料+保険料+引落手数料(300円)」の合計金額が毎月支払う料金になります。

申し込み後は初期費用も必要で、初月の賃料と一緒に事務手数料などが一度だけ必要です。

この記事では、スペラボの料金体系について詳しく解説しています。

スペラボの費用や選べる支払い方法、料金に関するよくある質問もまとめているので、ぜひ最後までご覧ください。

スペラボの料金体系を解説

スペラボを通常契約で借りるときに必要な費用は以下です。

  • 初期費用
  • 月額賃料
  • 保険料

初期費用は契約後に一度だけ支払う費用です。

月額賃料と保険料が毎月かかる費用で、合計金額が月々の支払い額になります。

トランクルームを借りる時とレンタルオフィスを借りる場合では必要費用が変わりますが、どちらにも共通している初期費用と毎月の費用を先におさえておきましょう。

この記事ではスペラボの料金・費用についてのみ解説しているので、実際に使った人の感想やサービスの特徴を知りたい方は、「スペラボの口コミ!評判とサービスの特徴、メリット・デメリットを紹介」の記事をご覧ください。

スペラボの初期費用

スペラボの初期費用の内訳は以下の通りです。

トランクルームを借りる場合
月額賃料初月分
保険料初月分
事務手数料10,000円
レンタルオフィスを借りる場合
月額賃料初月分
保険料初月分
事務手数料賃料の1ヶ月分
保証料金賃料の1ヶ月分

トランクルームと、レンタルオフィス・ワークスペースを借りる場合で、初期費用の内訳・支払う項目が変わります。

借りる物件の賃料によって初期費用の合計金額は変わりますが、トランクルームの初期費用は他所のトランクルーム会社と比べても安い部類です。

レンタルオフィスは事務手数料や補償料金の金額も物件によって変動する上、合計金額は高くなる傾向にあります。

ただ、トランクルームを通常借りる場合、初期費用に保証費用や事務手数料が含まれることは珍しくないので、支払う項目自体が多いわけではありません。

また、トランクルームもレンタルオフィスも、敷金や礼金は不要です。

保管目的のトランクルームと作業・仕事ができるレンタルオフィスでは用途が変わるため、初期費用だけで判断しないようにしましょう。

トランクルームの初期費用は格安!キャンペーンで事務手数料が無料になることもあります

⇒スペラボの公式サイトはこちら

スペラボの月額賃料

月額賃料は借りた物件ごとに変わる料金で、毎月支払う費用になります。

レンタルオフィス・ワークスペースを借りる場合、「保証料金・事務手数料が月額賃料と同額になる」ため、賃料が高い物件を借りるとそれだけ初期費用も高くなります。

トランクルームの場合は事務手数料の金額は固定(10,000円)で、保証料金は不要です。

月額賃料は毎月かかる費用ですから、月々の負担も考慮して物件を選ぶようにしましょう。

スペラボの保険料

保険料は、トランクルーム・レンタルオフィス・ワークスペースのどれを借りても必要な費用です。

月額賃料と同じく毎月発生・支払う費用になります。

基本的にはスタンダードプランの金額(550円)ですが、保証をより強力にしたいという場合はプレミアムプランにすることも可能です。

プレミアムプランの金額も固定で、990円(12ヶ月契約の場合)になります。

3ヶ月契約の場合は1,500円、6ヶ月契約の場合は1,350円と、契約期間によって金額が変わるため、プレミアムプランにするかどうかは事前に検討しておきたいところです。

スペラボのその他の費用

スペラボ利用中、トラブルや特別な事情の時に発生するその他の費用についてもまとめておきます。

郵便転送費用

レンタルオフィス・ワークスペースに郵便物を転送してもらう際にかかる費用です。

郵便転送に対応している物件のみ利用でき、トランクルームの場合は利用できません。

即時解約時の賃料

スペラボは解約したい時は3ヶ月前通知が必要ですが、解約日までの賃料を支払えば即時解約もできます。

金額は借りている物件の賃料、解約日までの期間で変わります。

解約については以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方は参考にしてみてください。

関連記事スペラボの解約・退去方法を解説

トラブルごとの必要料金

代表的なトラブル時に必要な費用は以下の通りです。

ダイヤルロックリセット8,800円
南京錠再設置・切断8,800円
シリンダーキー
ICカード再発行
10,000円
部屋の移動手数料5,000円
※金額はすべて税込

プレミアムプランの保険料を毎月払っている場合は、上記の費用はすべて無料になります。

スペラボの料金支払い方法

スペラボの料金支払い方法は以下の通りです。

  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • 口座引き落とし

スペラボは支払い方法によって契約までの流れが変わるので注意しましょう。

クレジットカード決済

申し込み時にクレジットカード決済を選んだ場合は事前審査がなく、電子契約で完結します。

利用開始までが早く手続きも簡単なため、基本的にはクレジットカード決済がオススメです。

銀行振込・口座引き落とし

支払い方法を銀行振込・口座引き落としにした場合は、契約前に審査があります。

審査自体は数時間で完了するものの、クレカ決済と比べて時間が待ち時間が必要です。

また、郵送で契約書を受けとり、記入後に返送してようやく利用開始できるため、早く利用したい場合もクレカ決済のほうがオススメです。

クレジットカードを持っていない場合は仕方ありませんが、基本的にはクレカ決済一択になります。

スペラボをキャンペーンでお得に利用する

スペラボはキャンペーン期間中に申し込むとお得に利用できます。

キャンペーン内容は時期によって変わりますが、「賃料3ヶ月分無料」「事務手数料無料」「荷物運搬費無料」など、割引以上にお得な内容が多いです。

希望物件が対象外だったり、借りたい時期にキャンペーンを開催していないといったデメリットはありますが、タイミングよく借りれる場合はキャンペーンを活用しましょう。

キャンペーン内容や開催期間を見逃さないように、検討中の方は公式サイトを要チェックです。

⇒スペラボの公式サイトはこちら

スペラボの料金に関するよくある質問

Q
支払い用クレジットカードを変更したい
A

変更手続きをしたい場合、事前に問い合わせフォームより連絡します。

契約時と同じ手順で、新しくクレジットカードを登録する形になります。

今まで使っていたカードの登録情報は上書きされます。

決済日(25日)までに変更が完了すれば、その月からカード情報が切り替わります。

Q
支払い方法を変更したい
A

問い合わせフォームより変更依頼をします。

変更したい支払い方法(クレジットカード、口座引き落とし、振込)を記入して連絡しましょう。

変更は次回の支払いからになります。

Q
領収書は発行してもらえますか?
A

支払い方法によって変わります。

・クレジットカードの場合
毎月の請求日(25日)に、自動メール内で発行されているので確認してみましょう。

・振込・口座引き落としの場合
請求書・振込明細書が領収書代わりになります。別に必要な場合は、発行手数料(550円)が必要です。

スペラボの料金システムまとめ

スペラボの料金体系についてまとめます。

  • 初期費用の支払いは申し込み後に1度だけ
  • 毎月の支払いは「月額賃料+保険料」
  • 敷金や礼金、更新料などは不要
  • トランクルームとレンタルオフィスで料金体系が変わる
  • 支払い方法によって申し込みの流れが変わる

スペラボのトランクルームは初期費用が安く、月々の支払い項目も少ないため、料金重視で探している人にオススメです。

  • 料金と設備のバランスがいいトランクルームを探している
  • 初期費用や月々の支払い項目が少ないところがいい

こうした人はスペラボを検討してみてください。

スペラボを実際に借りた人の口コミや感想は、『スペラボの口コミ!評判とサービスの特徴、メリット・デメリットを紹介』の記事を参考にしてみてください。トランクルームの特徴やメリット・デメリットまで詳しく解説しています。

また、スペラボを借りる予定なら、キャンペーン情報もチェックしておきたいです。

キャンペーン内容や開催時期は変わりますが、お得に借りれることは間違いないので、借りたい物件をさがす時は、キャンペーン対象かどうかもチェックしておきましょう。

⇒スペラボの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました