加瀬のレンタルボックスとハローストレージの違いを比較!どっちがおすすめ?

※当サイトのリンクには広告が含まれています

トランクルーム

加瀬のレンタルボックスとハローストレージ、2つのトランクルームの違いや共通点からどちらがどんな人にオススメかを紹介しています。

加瀬のレンタルボックスは初月の使用料が無料で、毎月の支払いに管理費などが含まれないため、少しでも安く借りたい人に最適なトランクルームです。

一方のハローストレージは店舗数、取り扱い物件数が業界最大級で、立地や保管環境、設備といった条件を重視して選べるのが強みになります。

この記事では加瀬のレンタルボックスとハローストレージ、それぞれの特徴や違い、共通点をさまざまな項目ごとに比較しながら紹介していきます。

加瀬のレンタルボックスとハローストレージのどちらを借りるか迷っている方、どっちが自分にあっているかを知りたい方はぜひ最後までご覧ください。

加瀬のレンタルボックスとハローストレージの違いを比較!どっちがおすすめ?

加瀬のレンタルボックスとハローストレージの違いを比較してまとめました。

加瀬のレンタルボックスとハローストレージなら、どっちがどんな人におすすめなのか?結論だけ先にまとめたのが以下です。

加瀬のレンタルボックスがおすすめな人
ハローストレージがおすすめな人
  • 毎月の使用料金を少しでも安くしたい
  • 追加オプションなどは不要
  • できるだけ早く利用開始したい
  • 条件よりもコスパ重視
  • 立地やアクセスを特に重視したい
  • 設備や保管環境にこだわりたい
  • 複数の選択肢から納得して決めたい
  • 追加オプションやサービス重視

加瀬のレンタルボックスとハローストレージはどちらも大手のトランクルーム会社で、「全国に幅広く展開」「屋内型・屋外型・バイク用から選べる」といった点は共通しています。

加瀬のレンタルボックスは店舗がない地域もあり完全な全国対応ではないですが、他のトランクルームと比べてもトータル金額が安くなりやすいです。

利用開始月の料金が無料な上、毎月の費用も借りた物件の賃料のみですから、「必要最低限の収納スペースをできるだけ安く借りたい」といった場合に適しています。

加瀬のレンタルボックスは料金・コスパ重視なら最適です

一方のハローストレージは加瀬のレンタルボックスより対応エリアが広く、物件の取扱い件数も多いです。地域によっては選択肢としてハローストレージ一択という場合もあるかもしれません。

近いエリアでもよりアクセスに便利なほうを選びたい時や、色々な希望条件を満たした物件を見つけやすいのがハローストレージの強みです。

店舗数・取り扱い数が多いため、空き待ちで数ヶ月待たされる可能性が低いというメリットもあります。

保管環境や条件にこだわるならハローストレージがオススメです

どちらのサービスも選べる収納タイプはほとんど同じで、「屋内型トランクルーム」「屋外コンテナ」「バイク専用ガレージ」の中から希望にあったものを選ぶことができます。

万が一のトラブル時の補償額の上限はハローストレージのほうが多く、オプション利用でさらに上限を上げることも可能です。

他に大きく違う点として、オプションがあります。

加瀬のレンタルボックスには、オプションと呼べるものはバイク用スロープのレンタル・販売しかありません。一方のハローストレージは、安心保証パックをはじめいくつかオプションが用意されています。

実際に荷物を保管する収納スペースのサイズや設備はまったく同じというわけではありませんが、タイプが同じであれば大きく使い勝手が変わることはありません。

加瀬のレンタルボックスとハローストレージのどちらも選択肢にある時、差がでるのは料金と立地です。細かい違いは色々ありますが、大きく分けると「料金重視で加瀬のレンタルボックスを選ぶか?」「立地や使いやすさ重視でハローストレージを選ぶか?」という点から判断することをオススメします。

利用エリアや希望条件によっては、加瀬のレンタルボックスを都合のいい立地で借りれることもありますし、ハローストレージをお得に借りれることもあります。

空室状況によってはどちらも希望がかなわない可能性もあるため、各サービスの公式サイトをチェックして、利用予定のエリアで物件候補を見つけた上で比較するのが大切です。

⇒加瀬のレンタルボックスの公式サイトはこちら

⇒ハローストレージの公式サイトはこちら

以降は、それぞれのサービスのもっと細かな違いや特徴を比較していきます。厳密な違いを知りたい方は参考にしてみてください。

加瀬のレンタルボックスとハローストレージの特徴を比較

加瀬のレンタルボックスとハローストレージ、それぞれの特徴を比較していきます。まずは基本スペックを比べた表が以下です。

比較項目/サービス名加瀬のレンタルボックスハローストレージ
申し込みweb申し込み可能
初期費用翌月分の使用料
+事務手数料
使用料(当月分の日割り+翌月分)
管理費、事務手数料
鍵代、安心保証パック代
事務手数料月額使用料の1ヶ月分
月額費用月額使用料のみ月額使用料
+管理費
更新料なし使用料の0.5ヶ月分
(※1年ごと)
解約金なし
解約タイミング手続き後の翌月末
退去時の原状回復必要
最短の契約期間1ヶ月間
トランクタイプ屋内・屋外・バイク用
支払い方法クレジットカード
口座振替
利用可能時間24時間出し入れ可
補償30万円まで50万円まで
対応エリア全国(36都道府県)全国(46都道府県)

加瀬のレンタルボックスとハローストレージを比べてみると、初期費用や月額使用料の内訳、対応エリアなどに違いがあるのがわかります。

基本スペックだけではわからない細かい違いもあるので、さらに詳しく比較して決めたい方は引き続き読みすすめてみて下さい。

加瀬のレンタルボックスと比較したハローストレージの特徴

加瀬のレンタルボックスと比較したハローストレージの特徴は次のとおりです。

  • 対応エリア・物件数が多い
  • 運営元が上場企業
  • オプションサービスが充実
  • 支払う費用は多くなる

ハローストレージは対応エリアが全国で、加瀬のレンタルボックスにはない地域にも物件があります。店舗数・取り扱い物件数はトランクルーム業者全体でみてもトップクラスですから、行動範囲内・都合のいい立地で見つけやすいのがメリットです。

運営元が上場企業という点も唯一無二の特徴で、少し割高な代わりにサービスの品質が担保されているようなイメージになります。

収納サイズや立地などの条件、設備や保管環境、スタッフ対応といった点を重視して選ぶならハローストレージがオススメです。

トランクルーム業者としての規模は大きく、利用者も多いですから、「多くの人が使っている業者が安心」といった人からも選ばれています。

⇒ハローストレージの公式サイトはこちら

ハローストレージ利用者の口コミや感想を知りたい方は以下の記事もあわせてご覧ください。

関連記事ハローストレージの評判!実際に借りた人のリアルな口コミや特徴

ハローストレージと比較した加瀬のレンタルボックスの特徴

ハローストレージと比較した加瀬のレンタルボックスの特徴は次のとおりです。

  • トータル費用が安い
  • 運営元は老舗企業
  • 利用開始までが早い
  • 店舗がないエリアもある

加瀬のレンタルボックスの強みは、何といってもトータルで支払う金額が安くなる点です。

物件ごとに設定された賃料自体が格安というわけではありませんが、「初期費用に含まれる項目が少ない」「当月分の使用料は無料」「月々の支払いは月額使用料のみ」といった特徴があるため、トータルの支出をかなり安く抑えることができます。

特に、初期費用にさまざまな名目の費用が含まれていたり、毎月の支払いに管理費や共益費が含まれている業者と比べると、単純な賃料が高かったとしても加瀬のレンタルボックスのほうがトータルで安くなることがあります。

また、利用開始までが簡単で早いというのも大きな特徴です。

時代の流れ的にネット申し込みができるトランクルーム業者は増えていますが、加瀬のレンタルボックスは電子契約のスピードも早く、タイミングや物件次第では申し込みから1時間と経たずに利用開始できることもあります。

全国的に幅広く店舗はありますが、完全な全国対応ではない点はデメリットで、エリアによっては利用者が集中していてまったく空きがない物件も珍しくありません。

トータル金額が安いからといって設備が不十分というわけではありませんから、場合によっては好条件の物件を安く借りれる可能性もあるので、公式サイトの空き状況は見逃さないようにしたいです。

⇒加瀬のレンタルボックスの公式サイトはこちら

加瀬のレンタルボックスの口コミや特徴については、以下の記事もご覧ください。

関連記事加瀬のレンタルボックスの評判!口コミやメリット・デメリットを紹介

加瀬のレンタルボックスとハローストレージの申し込み方法を比較

加瀬のレンタルボックスもハローストレージもwebから簡単に申し込みができます。

物件の詳細や事前の見積もり確認も公式サイトで簡単にできる点も同じで、トランクルームを初めて借りる人がどちらのサービスを選んでも申し込みで迷うことはありません。

両サービスとも契約前には簡単な審査がありますが、どちらかが特別契約しにくいということもなく普通に使う分には審査に落ちる心配はほとんどないです。

また、加瀬のレンタルボックスもハローストレージもweb申し込み限定の割引があります。

割引内容はそれぞれ変わりますが、どちらを利用するにしても必ず公式サイトからweb申し込みをしてお得に借りれるようにしましょう。

⇒加瀬のレンタルボックスの公式サイトはこちら

⇒ハローストレージの公式サイトはこちら

各サービスの詳しい申し込み方法は、以下の記事も参考にしてください。

利用開始が早いのはどっち?

申し込みから実際に利用開始できるまでの期間は、物件タイプによって変わるので一概に比較できません。

どちらも初期費用の支払い後、鍵を受けとれば利用開始できます。

鍵はメールで暗証番号を通知するタイプと、物理的な鍵を郵送で受け取るパターンがあり、郵送の場合は利用開始まで少し時間がかかります。

今の時代なら、「ネットで申し込み → クレジットカードで初期費用の支払い → メールで暗証番号を受けとる」という流れなら素早く利用開始できます。

電子契約では書類のやり取りなども省略でき、鍵を郵送で受け取らないタイプの物件なら即日利用も可能です。

加瀬のレンタルボックスとハローストレージの対応エリアを比較

加瀬のレンタルボックスもハローストレージも、地域限定ではなく全国的に幅広く展開していますが、加瀬のレンタルボックスは36都道府県対応で、店舗がない県もあります。

厳密な対応エリアは以下の通りです。

加瀬のレンタルボックスの対応エリア
  • 北海道・青森・秋田・岩手・宮城
  • 東京・神奈川・千葉・埼玉・山梨・群馬・栃木・茨城
  • 新潟・富山・石川・福井・長野
  • 静岡・岐阜・愛知・三重
  • 大阪・兵庫・奈良・滋賀
  • 鳥取・香川・徳島・高知・愛媛
  • 福岡・熊本・宮崎・鹿児島・佐賀

一方のハローストレージは沖縄を除くすべての都道府県に物件があるため、加瀬のレンタルボックスがない地域でも借りることができます。

また、店舗数が多ければそれだけ希望条件も満たしやすくなるため、立地やアクセスをはじめとした条件重視ならハローストレージがおすすめです。

加瀬のレンタルボックスとハローストレージがほとんど同条件で選べる場合は、料金重視で加瀬のレンタルボックスを選ぶか、設備やその他のサービスで判断するようにしましょう。

加瀬のレンタルボックスとハローストレージの料金を比較

加瀬のレンタルボックスとハローストレージの料金体系の比較表は以下です。

項目/サービス名加瀬のレンタルボックスハローストレージ
初期費用翌月分の使用料
+事務手数料
使用料(当月分の日割り+翌月分)
管理費、事務手数料
鍵代、安心保証パック代
事務手数料月額使用料の1ヶ月分
月額費用月額使用料のみ月額使用料
+管理費
更新料なし使用料の0.5ヶ月分
(※1年ごと)
解約金なし
支払い方法クレジットカード
口座振替
初期費用のみ代引可
クレジットカード
口座振替
初期費用のみ振込可

初期費用に事務手数料(使用料の1ヶ月分)が含まれている点や解約金が不要な点などは共通していますが、ハローストレージのほうが支払う項目が多いのがわかります。

各サービスの料金については、他にも共通点と違う点があるので、さらに詳しく比較していきます。

加瀬のレンタルボックスとハローストレージの初期費用を比較

加瀬のレンタルボックスとハローストレージの初期費用の内訳を比較すると、以下のようになります。

加瀬のレンタルボックス
ハローストレージ
  • 翌月分の使用料
  • 事務手数料(使用料の1ヶ月分)
  • 当月分の使用料(日割り)
  • 翌月分の使用料
  • 事務手数料(使用料の1ヶ月分)
  • 管理費(当月+翌月分)
  • 鍵代
  • 安心保証パック代

翌月分の使用料や事務手数料は借りた物件によって金額が変わりますが、仕組み自体は同じです。

ハローストレージは初期費用に含まれる項目が多いため、仮にまったく同じ金額の物件を借りた場合でもハローストレージのほうが高くなります。

加瀬のレンタルボックスは、当月分の使用料が無料な上に初期費用の項目も少ないため、他のトランクルームと比べても安いことが多いです。

加瀬のレンタルボックスとハローストレージの月額費用を比較

加瀬のレンタルボックスとハローストレージで毎月必要な費用は以下の通りです。

加瀬のレンタルボックス
ハローストレージ
  • 月額使用料のみ
  • 月額使用料
  • 管理費(2,200円)
  • 安心保証パック(550円~880円)

毎月かかる費用の内訳を比べても、ハローストレージのほうが支払う項目が多いです。

管理費や安心保証パック代は固定金額のため、急に請求が増えたりする心配はありませんが、管理費も不要な加瀬のレンタルボックスのほうが支払う金額は安くなります。

実際の物件で毎月の使用料を比べた場合はどうなるのか?

似たサイズ、近い立地で月額使用料を比べてみました。

新宿区中落合(屋内型)
サイズ/サービス名加瀬のレンタルボックスハローストレージ
0.5帖7,700円7,000円
0.6帖8,800円
0.9帖13,200円
1帖14,300円14,200円

例にした店舗の場合、単純な月額使用料の比較だとハローストレージが安いですが、加瀬のレンタルボックスには細かいサイズの選択肢があります。

また、同じ1帖という表示でも、ハローストレージには形の違う1帖の選択肢が多数あり、単純に月額使用料だけで決めるのは難しいです。

単純な料金比較のために東京の物件を例にしましたが、地域によって「サイズの選択肢」「地上か地下か?」など、料金いがいに気にしておきたい項目はたくさんあります。

希望の条件を満たしても空室がないという状況も珍しくないため、両方の公式サイトをチェックしてベストな選択をできるようにしたいところです。

⇒加瀬のレンタルボックスの公式サイトはこちら

⇒ハローストレージの公式サイトはこちら

ハローストレージは更新料が必要。加瀬のレンタルボックスは不要

料金に関するその他の違いとして、ハローストレージは1年に1回の更新時に更新料が発生します。

金額は使用料の0.5ヶ月分ですが、更新に関する通知などはなく、使用料とあわせて請求されるので要注意です。

一方、加瀬のレンタルボックスは更新料は発生しません。

解約方法・退去タイミングと最短契約期間

解約方法はどちらもほとんど同じで、ネットから簡単に解約申請できます。

退去までの流れも大きな違いはなく、荷物の回収や鍵の返却が済めば契約終了です。

加瀬のレンタルボックスもハローストレージも、解約申請の翌月末が解約日となるため、最短契約期間は申し込み月をのぞいて1ヶ月になります。

解約金は両サービスとも不要ですが、キズや汚れの程度によっては原状回復費用が請求される可能性がある点は同じです。

⇒加瀬のレンタルボックスの公式サイトはこちら

⇒ハローストレージの公式サイトはこちら

加瀬のレンタルボックスとハローストレージを補償で比較

加瀬のレンタルボックスとハローストレージの補償限度額は以下です。

加瀬のレンタルボックスハローストレージ
30万円まで50万円まで
※安心保証パック+で
最大100万円まで

補償額の上限に関してはハローストレージのほうが多いです。

さらに、ハローストレージはオプションの「安心保証パック+」で上限を100万円まで上げることができるため、万が一に備えたい場合はハローストレージをオススメします。

加瀬のレンタルボックスとハローストレージのオプションを比較

加瀬のレンタルボックスとハローストレージ、それぞれのオプションサービスは以下の通りです。

加瀬のレンタルボックスのオプション
ハローストレージのオプション
  • スロープの無料レンタル
  • スロープ販売
  • ハロー宅配便
  • 安心保証パック
  • 整理収納アドバイザー派遣
  • LEDライト販売

オプションの種類はハローストレージのほうが多いですが、「最低限の収納スペースだけ借りれればいい」という場合は特に気にする必要はありません。

加瀬のレンタルボックスとハローストレージの比較まとめ

加瀬のレンタルボックスとハローストレージ、それぞれの違いを比較した結果をまとめます。

比較項目/サービス名加瀬のレンタルボックスハローストレージ
申し込みweb申し込み可能
初期費用翌月分の使用料
+事務手数料
使用料(当月分の日割り+翌月分)
管理費、事務手数料
鍵代、安心保証パック代
事務手数料月額使用料の1ヶ月分
月額費用月額使用料のみ月額使用料
+管理費
更新料なし使用料の0.5ヶ月分
(※1年ごと)
解約金なし
解約タイミング手続き後の翌月末
退去時の原状回復必要
最短の契約期間1ヶ月間
トランクタイプ屋内・屋外・バイク用
支払い方法クレジットカード
口座振替
利用可能時間24時間出し入れ可
補償30万円まで50万円まで
対応エリア全国(36都道府県)全国(46都道府県)

加瀬のレンタルボックスとハローストレージを比べた時に選ぶポイントは以下です。

加瀬のレンタルボックスが合う人
  • 料金面・コスパ重視の人
  • できるだけ早く利用したい人
  • 最低限の設備・収納スペースだけ借りたい人

こうした人は加瀬のレンタルボックスがオススメです。

加瀬のレンタルボックスは、賃料自体が特別安いわけではありませんが、トランクルームを借りるときに発生するさまざまな名目の費用の大半が不要となっています。

結果的にトータルで支払う金額が少なくなるため、料金面を重視して選ぶなら最適です。

また、「至れり尽くせりのサービスまで求めていない」「必要最低限の収納スペースを借りれればいい」という場合にも適しています。

暗証番号をメールで通知するタイプのコンテナをネット申し込みすれば、即日利用も可能ですから、できるだけ早く利用開始したいという人にもオススメです。

申し込み当月の使用料は無料ですから、利用開始が早ければ日数分お得に使えることになります。

コスパとスピード感を重視する方は、ぜひ加瀬のレンタルボックスを選んでみてください。

ネット申し込み限定の割引も有効活用しましょう

⇒加瀬のレンタルボックスの公式サイトはこちら

一方で、ハローストレージが合っているのは次のような人です。

ハローストレージが合う人
  • サービスの品質や設備を重視する人
  • 保管環境・立地などの条件にこだわりたい人
  • 利用者から評価の高い業者を選びたい人

ハローストレージは加瀬のレンタルボックスよりも対応地域が広く、物件の選択肢が多いため、条件にこだわって探したい人にオススメです。

同じサイズでもさまざまな形の収納スペースが用意されていて、荷物の量や形にあった最適なサイズを選ぶこともできます。

店舗数が多く、よりアクセスしやすい場所を選びやすいので、使い勝手や立地を重視する人にも最適です。

トランクルーム業者では珍しく運営元が上場企業になっていて、信頼性やサービスの品質を重視する人からも選ばれています。

ハローストレージもネット申し込み限定の割引が用意されているので、申し込む際は必ず公式サイトから手続きしてお得に利用したいところです。

どちらか決めきれない場合、両方の公式サイトで実際の物件ページを確認しながら検討するようにしましょう。

⇒ハローストレージの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました